努力家の人なら誰もが高収入を稼ぐ|求人で見つける新しい私

meeting

多くある求人

規制緩和で一気に厳しくなったドライバー業。

solving problem

運送業界ではかつてない程のドライバー不足になっています。 運転手と言えば、労働時間は長く肉体労働ではあるが、給料が良いとの理由で人気の職業でした。しかし、1990年に貨物自動車運送事業法と貨物運送取扱事業法が施行され、運送業の規制緩和が行われました。 結果、新規参入事業者が増え運送会社が一気に増えていきました。それと同時に価格競争で、運賃の値下げも相次ぎました。そして、苦しくなった経営のしわよせはドライバーにきていて、給料の減額や過酷な運行などが強いられるようになりました。 こうした条件の問題や、団塊世代のリタイヤも重なり、なんとかドライバーを確保しようと運送会社は必死に求人活動を行っています。

他社とは違うアピールポイントが求人にも必要です。

あの手この手を使って、必死に求人活動をしている運送業界ですが、若者の車離れもありなかなか人材の確保が難しい状況です。この状況は、一時的なものではなく今後も続いていきそうです。 なんとかドライバーを確保したい会社側では、入社祝金支給や、運行費のアップなどを大々的に求人情報誌などに載せたり、新型車の導入や装備の充実した車輌でドライバーの負担を軽減していることなど、魅力的な求人であることアピールしています。 さらに、免許取得費用負担や新人教育の充実など未経験者も大歓迎と、あらゆる手段を駆使して、ソフト面もハード面も充実した会社であることがわかる求人を出しています。 また、定期便などの安定した仕事も人気を集めていて、今後は将来性がある安定した仕事であることも、ドライバー求人のアピールポイントの一つになりそうです。